« 上一篇下一篇 »

多分1回のスイス時計工場を行って、あなたのようやく明らかなことができる自分はどうして1つのブランドが好きです

ウサギのこの10は数年来遍のスイス時計工場を走って、悪い所もあるよいところがあって、最初の万事から新鮮に最後まで(に)機械に面するため、どうしても少しの疲れる感があります。


実は私から最初に接触してスイスまで(に)表して、常に耳にする1つの語は“手製で製造”で、贅沢品の印のものを持っていていつも人をあこがれに夢中にならせて、しかし実は、今はとっくに手作りの時代ではなくて、大部分はすべて機械の腕時計を完成する部品で、それでは腕時計が私達のを動かすのが一体何ですか?


ちょうど背後人の推進力です。


今回はハンカチの瑪の強い尼の工場に来て、時計の文字盤が殻と最も有名なVaucherManufactureFleurierチップ工場を表しを含んで、市場のマーケティングの持ってくる興奮を投げ捨てて、私は誠実なののを見て表を作成しました。


ジュネーブ空港からネサットのタイなんじまで(に)約1多い時間運転します、。ネサットのタイなんじで座標センターとして、私達は1日が3つの工場を見学して(ハンカチの瑪の強い尼が全部で5つの工場いるのを使って、地域と時間関係のため、私達は比較的重要な3個)を選びました。


ハンカチの瑪の強い尼の歴史に関して、ウサギは以前は書くことがあって、ハンカチの瑪の強い尼の自身は大家を修復するので、1980年の時、若い彼はSandoz一族に出会って、1996年に至って、自分の同名のブランドを創立します。すこぶるずっとハンカチの瑪の強い尼の能力を鑑賞する財力のSandoz一族があって、そのためも持続的に時計業にとってこれ比較的新しいブランドを育成するのを願います。