« 上一篇下一篇 »

「労組」カップ2017大学生の時計デザインコンテストは深セン大学で始動

 情熱を乗せて、喜びとなる「労士頓」カップ2017大学生時計のデザインコンテストにご月よんしよ日靑年節の深セン大学本格始動。委員会代表、業界代表、主流メディア、教師と生徒代表が一堂に集い、盛挙。創造を呼びかけ、誌望時計デザイン界の靑年の学生は積極的に参加し、自分の夢を共に創造。月に全国各大学の優秀作品が、全国各大学からの優秀な作品が展開される。
今回の大会は、靑年の力、夢が表現することをテーマに。労士頓はずっと“夢”を原動力にし、夢をしっかりと守る、深植は労士頓ブランドDNA。労士頓「夢者」シリーズで腕時計、労士頓の夢を各消費者の夢は、夢、遠くまで行く。
起動式で、今大会の主催者労士頓社長罗斌来賓として“労士頓」カップ2017大学生時計のデザインコンテストルールを発表した今回のコンテストの審査員名簿。罗斌と指摘し、「大会を提供する目的は若い人に才能の展示プラットフォーム、励まし新生世代思い切って自分の革新的な考え方、パワーアシスト靑年の学生は夢の実現には破局国内人材の欠乏時計。」
会では、大会と中国時計網大会メディアパートナー契約締結を繰り広げ、「労士頓」カップ2017大学生時計のデザインコンテストと中国時計網共同宣伝計画。