« 上一篇下一篇 »

セイコーの“openheart”の時計の文字盤の一部の透かし彫りの機械の腕時計

セイコーの“openheart”の時計の文字盤の一部の透かし彫りの機械の腕時計

2011年、1モデルの全く新しいのは自動的に鎖の機械のチップに行ってPremierシリーズのために生みます。この全く新しいチップが象眼して24粒の宝石があって、毎時間くるくる回って速く21に達するのに揺れ動いて、600は回転して、エネルギーの貯蔵は41時間続きます。チップの心臓、金色の並べる車輪、しかし9時の位置の透かし彫りから一部ははっきり見て、底を通してかぶせる陀を並べて特殊な彫刻の全体のチップに付いているのに会うことができます。3日常の時間のポインター、11時の位置の小さい時計の文字盤の中の24時間のポインターと入り乱れて輝きます。この全く新しい4R39は自動的に鎖の機械のチップに行っても手動で鎖に行くことができて、SEIKO(セイコー)の機械チップ一族の重要な成員で、未来Premierシリーズの大黒柱にもなるでしょう。