« 上一篇下一篇 »

腕時計アンチ・ショック機関の動作原理と構成

バセロン・コンスタンチンの腕時計の知識:腕時計アンチ・ショック機関の動作原理と構成(図が示す)

腕時計アンチ・ショック機関の動作原理と構成。その上下アンチ・ショック機関が全て緩衝台、アンチ・ショックの杯から、受石を並べる、ドリルと地震に備えるリードを並べて構成した。上緩衝台が添え板の孔相を並べるのが摩擦する固定的で、下緩衝台は台と摩擦して台のねじで主な添え板の上でので固定的なことを結び付けるのそして、です。アンチ・ショック器の中の並べるのはあけてしまりばめのプッシュの地震に備える杯を採用して、受石と地震に備える杯は採用は配合して相当するのとに動いて、きれいに洗って頑張る時、受石はとることができます。アンチ・ショック器が解体してかえる資格がなくてはならないをの壊すある部品がある時のようです、ピンセットでつまんでペンチが1つ1つ地震に備えるリードの両側のリードのかけらを緩衝台の溝の内から支出するのを指すことができて、弾く時弾く角度に注意するのが大きすぎるべきでなくて、更に2かけらできなくて同時に弾いて、リードのかけらはひびが入らないようにします。その後で外面へ平らに2かけらがすぐ下ろしてアンチ・ショックのリードを落とすことができるのをおします。地震に備える杯は受石と次にすぐとることができます。もしも地震に備える杯と受石は油かすに粘着させられて分離することはできなくて、しかしそれらをガソリンに入れて片時を液体に浸してまたぐらぐらして何の下で分離します。もし地震に備える杯のへりは変形して受石をしっかりはさんで、しかし地震に備える茶碗のふちをできぬたの上で置いて、きぬたの平面に向って茶碗のふちの周辺に住みに到着して、少し細いで穴をあける丸針を並べるに伸ばして振り子が穴をあける内に入って、受石はできて地震に備えて杯が入ってきぬたの孔の内で突き進みを下ろしを分離するのをおされます。