« 上一篇下一篇 »

メゾンにとって重要なふたりの名を冠したコレクション

 

ジャンヌ・トゥーサンとルイ・カルティエは、20世紀初頭にハイジュエラーとしての礎を築き、カルティエスタイルを確立させた、メゾンを象徴する人物。新作はこのふたりの人物をモデルにし、彼らの感性が息づく作品として誕生した。

ジュエリーやウォッチで発揮される、メゾンの美しさへの追及やこだわりは、バッグの製作においても変わることはなく、それはこのコレクションにもしっかりと継承されている。使用しているレザーは、フランスとイタリアの最高のなめし革職人により加工が施され、すべてフランスまたはイタリア製。熟練の職人が伝統の手法を守りながら裁断、縫製、ステッチ、型取り、磨き、染をおこない最高級レザーの魅力を見事に引き出した。

 


ジャンヌ・トゥーサンは、バッグ製作のパイオニアであり、ルイ・カルティエのミューズでもあった人物。レディスの「ジャンヌ トゥーサン」コレクションは、ジュエリーの伝統技術を反映させた完全手作業で作られるチェーンや黒曜石をあしらったクラスプがデザインの特徴。アイテムは、チェーンバッグやショルダーストラップ付きのトートバッグ2種類、チェーンパースといった美しさと実用性を併せもつラインナップを展開する。

カルティエスタイルの確立者であるルイ・カルティエは、大胆なクリエーターであり、芸術の世界での冒険家。メンズの「ルイ カルティエ」は、その行動力と旅への情熱で知られた彼の感性からインスピレーションを受けたコレクション。マットなナチュラルレザーを贅沢に使用し、型取りやステッチなど、ディテールひとつひとつから職人の卓越したクラフトマンシップが感じられる。ドキュメントホルダーやブリーフケース、ボストンタイプの24アワーズなど、ビジネスシーンに洗練と信頼を与えてくれるエレガントなアイテムが揃う。