« 上一篇下一篇 »

クロノグラフの代名詞ともいえる「Oリング」の組み合わせ

 

クラシックカーの真髄ともいえるエレガントなスタイルと、優れたエンジンパフォーマンスで、世界中のクラシックカー愛好家を魅了してやまないイギリスの「オースティン・ヒーリー」。なかでも「ヒーリーNOJ」は、いまや伝説となっている1955年のル・マン24時間耐久レースで希少な最後の一台が悲惨な事故で全壊、この世から消えてしまったと思われていた。しかし、近年になってその存在が明らかになり、今年5月には栄光を美しく再現したエレガントで荘厳なヒーリーが登場。クラシックカー愛好者を喜ばせた。

フレデリック・コンスタントがそんな伝説のクルマ「ヒーリーNOJ」をインスパイアした、新作のヒーリーウォッチを製作。世界で1888本のみ生産される。あたらしいヒーリーモデルではクロノグラフ機能を搭載。個性的であり、代名詞ともいえる「Oリング」は、ブラックのレザーストラップがもちいられ、レーサーを彷彿とさせるスポーティーなデザインとなっている。