« 上一篇下一篇 »

アブラアン-ルイ・ブレゲ本人も絶賛間違いなし!?

 

“史上最高の天才時計師”と称されるアブラアン-ルイ・ブレゲ氏が、1775年にパリに創業した時計メゾン「ブレゲ」。現在は伝説的ブランドとしてだけでなく、スウォッチ グループの頂点に君臨するマニュファクチュールとして、技術とラグジュアリーを追求する。

機械式のあらゆる革新機構、複雑機構を発明し、時計界の寵児となったブレゲ氏だが、没後もブレゲの技術革新への情熱と実績は飛び抜けており、なかでも2000年以降の技術革新は際立っている。2006年にはシリコン系の新素材でできたヒゲゼンマイと脱進機を採用したモデルを発売するなど、クラシックなデザインに最先端の技術を積極的に導入してきた。

そして今年2013年、ブレゲはまたひとつ機械式時計の歴史に大きな一歩を記した。「クラシック クロノメトリー 7727」と「クラシック ミュージカル 7800」という、磁力の力を使った画期的なふたつの新作を発表したのだ。