« 上一篇下一篇 »

1/20秒刻みの正確な計測も可能に

 

ブレゲファンの間では名作中の名作として知られる、フランス海軍の要請で1950年代に誕生したフライバック機構付きクロノグラフ「アエロナバル タイプXX(トゥエンティ)」。

決して進化を忘れないブレゲは、2010年にこのモデルに20振動(毎時7万2000振動)という超ウルトラハイビート仕様の最新型「タイプXXII(トゥエンティトゥー)」を登場させた。

センターのクロノグラフ秒針は30秒で文字盤を一周し、1/20秒単位での計測が可能だ。そして今年、このモデルにステンレススティールモデルにくわえて、プレミアムなローズゴールドモデルが追加された。ブラウンダイヤルとゴールドケースの上品な雰囲気が素晴らしい。