« 上一篇下一篇 »

苏颂水運儀と象台のストーリー:命名するために危うく命を捨てる

 苏颂は中国宋代の天文学者、薬物の学者、西暦1020年生まれ安県(今の福建省泉州と廈門市同安区)は、後に転居丹陽(今の江蘇省鎮江)。22歳の時と王安石は同ランキング進士、出世の道に入る。初任宿州(今安徽州省宿县)観察ツイ官、江寧県、南京留守ツイ官などの地方官。1053年、苏颂奉调京城まで開封任館閣校勘、集贤校かなどを務め、これは何か重要な官職、ただ担当編定書籍が、苏颂にとっては竜の水を得たるが如し、ここで彼はチャンスがある博覧皇室の各種蔵書、勤務の九年に、蘇頌毎日暗唱1段の本書き写して、家に帰った後に、休まない、积沙成塔を蓄積して、該博な知識。宋哲宗登位の後、彼は先に任刑部尚書、後任吏部尚書、晩年官から宰相は、官居顕発明者苏颂位だが、実績も、政治家としての苏颂远より天文学者としての苏颂、特に彼の開発の水運儀ように彼の名前を載せた台の世界の科学技術の歴史。