« 上一篇下一篇 »

東京オリンピックに出てくる黒科学技術がもっと伝説になる!

 誰オメガ記録を破ったかつてのじゅうななじゅうしち回オリンピック时权独占会計記録?科学技術は経典に会って、どんな火花をぶつけますか?
Rioオリンピック閉会式で「東京8分」、全世界に展示した日本の二次元+ハイテクの気持ち。Perfumeチーム+椎名林檎の音楽を破ると宴、次元限界、大量運用ARと3 D投影技術、動感の音楽に合わせて、東京は世界の前に一回のデビューに相当する!
ところが、2020年東京オリンピックを楽しみながら、普及しなければならない1964年の東京オリンピック。一つの日本の研究開発の黒科学技術、世界の注目の的に――セイコーエプソングループ(当時とは、諏訪セイコー舎)が自主開発した水晶精密クロノグラフと印刷タイマー。割ったオメガじゅうななじゅうしち回オリンピック时权独占会計記録!その時ずっと一つの考えがあり、セイコーエプソングループ(当時とは、諏訪セイコー舎)人の脳裏を去らない:東京でオリンピックを開催するからには、東京オリンピックは必ず自らのカウントダウン製品!そこでセイコーエプソングループ(当時とは、諏訪セイコー舎)の求める「省、小、精「のタブ理念の駆動下で、水晶の精密クロノグラフと印刷タイマーが東京オリンピックの競技場の上、世界を驚かせ。