« 上一篇下一篇 »

両地の快感を楽しむブランパン経典シリーズ6670-1127-55腕時計

 今は、科学技術の発展とともに人々の往来に各地の時間はますます短くし、「夕発朝から」という夢は実現され、結局は人々の移動にとらわれない鉄道交通、飛行機に乗ってかえって人々の出張や旅行の明智の选ぶことのに対して、両地は甚だしきに至っては両国の長期歩く人々にとって、合うとは時間の腕時計は特に重要。
早く2011年に登場し、ブランパン傘下で初二地方は一年を通じて暦腕時計、ご年ぶりに再導入後、ブランパン経典シリーズとは日付カレンダー時計6670-1127-55。今年発売した新型腕時計「化繁を簡」をテーマとして、外観と文字盤のデザインにもかなり地味な。宝プラチナグローバル総裁マーク・海耶克氏は「好き宝プラチナとはタイムゾーンカレンダー時計の友達、多い1種の優雅な選択を提供する。」
週間で、暦の中で、カレンダーは、インデックスはさんじゅう°夾角が並び、この人々を書き癖の出発点としての人間化のソートデザイン、ユーザーの便利の読み込み時間、ちなみに、袖口を半分も腕時計され、あなたも気軽に読み取り全暦情報。新型6670第二のタイムゾーンの設計を取り除いた旧型の設計の中の円形、減った時標的密度、全体より気前が良く見える。