« 上一篇下一篇 »

樫尾俊雄発明記念館「時の記念日」特別展示を見に行こう

 

カシオ計算機株式会社の創業者の一人である故・樫尾俊雄氏が発明した数々の製品について、展示を行っている樫尾俊雄発明記念館(東京都世田谷区)。「時の記念日」にちなみ、6月10日~7月24日の期間限定で、時計の特別展示が行われることは既報の通りだ。

これに先立ち、その展示内容が報道関係者に先行公開された。会場では、1980年代からのカシオ製多機能デジタルウオッチが多数展示され、カシオ計算機の時計事業部長である増田裕一氏がスピーチ。当時の興味深いエピソードや、話題のスマートウオッチに対する考え方などを語った。

  
「樫尾俊雄発明記念館」の建物外観
 
最新スマートウオッチのコンセプトも基礎技術も、20年以上前から製品化していた

ひたすら興奮のタイムスリップ体験。特別展示の内容をひと言で表現するなら、ただそれに尽きる。テーブルの上にずらりと並んだ、80年代、90年代の懐かしい多機能デジタル時計の数々。もはや頭と耳に染み込んだ山口百恵の「デジタルぅーは、カ、シオ♪」のCFソングが、鮮やかなサウンドで脳裏によみがえる。

特に三十代後半~五十代のみなさま、これは絶対に行くべきだ。無料だし、仕事外出の途中でちょっと立ち寄ってもいい(ただし予約が必要)。そして涙するのだ。デジタルという言葉が、世界を変える魔法のように見えたあの時代に。