« 上一篇下一篇 »

無視できないブルガリの最も薄い三部作のための極薄の戦い

おそらくほんの数年前に、突然興味深い現象が見つかりました。多くの非伝統的な時計ブランドが高級時計製造の分野に足を踏み入れ、工場を設立したり、地元の時計工場を統合したりするためにスイスに投資しました。 世論の面では、歴史や時計のさまざまな情報源を掘り下げ、「時計の分野に入る気まぐれではない」というメッセージを伝えましょう。 時計は相続や血統に注目していたため、当初は楽観的ではなかったが、時間が経つにつれて高級品のラッシュを活かさずに盲目的に参入し、今でも 学位に注意してください。