« 上一篇下一篇 »

腕時計で動くナイフでの胆は大きく心は小さく持てイヌワシ芸術品

 イヌワシというと、伝統的な彫刻、彫刻は、一般に、人類文明の形成の初め。大昔、彫刻は記録として、当時の人類の知恵と文明を保存していた。文芸復興期には、彫刻は独特な芸術形式として大いに発揚する。芸術の殿堂ではなかったというような、彫刻は、ものごとを表現のように、完全に富んでいるレベルと立体感がなく、絵画、透視法の出現で立体抽象しようとすると。
手彫り懐中時計
彫刻の分類に従って、多くのスタイルは、手作り微雕は最も復雑な彫刻法の一つで、機械時計の彫刻は、ちょうど大きい程度で、運用した手作り微雕。微雕とイヌワシは厳格な従属関係ではなく、二つの分類方法について、この2種類の分類のことこそ、今日私たちの言葉が腕時計の中のイヌワシ工芸。
時計システムにおけるイヌワシ
時計の中でイヌワシの運用が非常に豊富で、できるだけでなく、時計の表面を彫刻しているので、時計のムーブメントに彫刻。多くの場合、私たちを見ているのは時計の表面の彫刻は、この彫刻も少し分けて、たとえば直接時計の外観部品を含む(文字盤)に刻まれ、まず金属板に彫刻が刻まれていいから使用する工芸品を貼って腕時計の中に組み込むイヌワシ。