« 上一篇下一篇 »

都市の時間の中の上海の“調子”を探します――西鉄城の淮海路の専門店金秋が開業します

本場の上海人の自家用路線には必ず淮海路がある。「地元の人が南京路を回って、上海の地元の人が淮海路をぶらぶらしている」ということが好きです。これは、淮海の道のためだけで、この都市の長年の沈殿したこだわり、ロマンチック、洋気、さらに「口調」があります。時代が変わっても、ここでは、何か新しい店が進駐しても、あるルールに従ったように、この街の独特な気質が寄せられ、西鉄城淮海路新店もそうだ。

各地の千編一律の装飾と陳装ではなく、西鉄城という淮海の中の新店はかなり「調子」がある。外観は青灰色の板岩文化石の壁で、「シチカンECO -ドラフト」の円形壁の看板は、まるでなじみのある喫茶店で、都市生活におけるその深い人文の息吹に満ちている。横になった石庫、ウィーン式小楼、そしてこの道の折衷主義の混ざったジャンルの劇場が、この時代の息吹に満ちた淮海の風景を構成している。近々、ビルやビルの彫刻を描いたショーウインドーは、この町に人気を集めているモダンな現代風です。

古い上海のレトロとモダンなすべてを融合させ、優雅でロマンチックな雰囲気があり、まさに上海の「トーン」であり、「散歩」という淮海路の楽しみがある。今では、おしゃれな服装をしているホワイトカラーは、豪奢な華服を集めた高級な商業圏のネオンが昼のようだが、有名人の旧居、上海図書館、上海駐在総領事館などの部分の前に「文化財保護単位」の石碑が立てられている。奥さん、チャイナドレス、花園洋房の中を歩いて、劇場、レストラン、宝石店、時計店の間に流れています。のんびりと長い日々にも、こだわり服装のカンフー:靴はきっとイギリス三頭に拭き光可鉴人の髪の毛は美容院行ってします;オーデコロンは必ず塗ります;男の人がポケットに挿し万年筆、腕時計はきっとある。こんな調子ではないのか、儂かぁ?