« 上一篇下一篇 »

ティソのクオーツの腕時計の寿命はどれぐらいですか

ティソ時計のブランドは歴史が長くて、150年以上の歴史があります。ティソのクオーツ腕時計はとても人気があります。機械式の時計より、クオーツのほうが安いです。ティソも世界的に有名なブランドですから、買う人がきっと多いです。多くのティソクォーツのユーザーは疑問を持っています。ティソクォーツの寿命はどれぐらいですか?腕時計の家の解を見てください。

ティソクォーツ電池寿命

一般的にクオーツは短期の使用寿命は5年ぐらいですが、長期的には10年から15年ぐらいです。クオーツ表の短期寿命とは、電池の電気エネルギーが切れ、コイル部品がショートしたり、遮断したり、石英振動子が漏れたり、CMOS集積回路が損壊したりすることで、部品を交換して解決でき、その長期寿命に影響しません。クオーツ腕時計の長期寿命とは、主なサンドイッチと小さなサンドイッチ穴の摩耗を指します。ムーブメントの作業サイズが小さいため、通常は考えられません。プラスチックのサンドイッチと歯車を使うムーブメントについては、主にクオーツの老化年限を考慮しています。

ティソクォーツ電池寿命

クオーツ時計には機械部品が少なく、部品間の伝動トルクは機械腕時計の約1/300しかないため、部品の摩耗が極めて少なく、故障が発生しにくいです。クオーツの寿命は半永久性と言ってもいいです。しかし、メンテナンスが間に合わないと、クオーツの故障が多発してしまいます。

ティソクォーツのメンテナンス方法:

(1)腕時計を毎年一回防水テストと外観洗浄を行う

(2)クォーツムーブメントの腕時計は5-7年ごとにメンテナンスを行います。

このように腕時計を常に良好な動作状態にするだけでなく、有効に寿命を延ばすことができます。