« 上一篇下一篇 »

精工は江戸時代の霊感の三次元立体彫刻によって漆を彫ったツンドラの腕

Credor(貴輪)シリーズFUGakU(富嶽)ドッカの限定版が発売され、SEIKOは和やかな独特の生き生きとした腕時計に誇りを感じている。このように薄い68機のコアを備えた贅沢な腕時計は、機軸の製造、金属の彫花およびエナミ工芸の専門性を完璧に解釈した。世界は8枚しか生産されていないが、彼らは今回の2016バーゼル国際時計ジュエリー展で展示される。続いて世界主要SEIKO専門店では、中国上海淮海路858号の旗艦店(4月中旬から)が展示されている。

精芸師の間の協力

このFUGakU(富嶽)ドッカの限定版は3人のSEIKOの経験が豊富で、さまざまな分野の制表師が協力して完成しました。彼らは日本政府から贈られた「現代手作りの芸師」という誇りを持っています。

Satos Hira(平賀聡)大師が組み立てた新金6830陀炭の厚さはわずか4 mmではない。KiyoシTerui(照井清)大師は彫刻を担当している。大師は手芸の大家に選ばれたデザイナーで、すべてのデザインを担当しています。漆器の工芸品の処理を担当しています。優れた技術を持つ大師たちが作った工芸品は、日本の美学の精髄を十分に示しています。

SEIKO初のツルドッカ

6830機のコアは、超薄型68シリーズの機械のコアの1枚で、SEIKO初のドッダの機軸でもある。6830の機軸は機械の芯の製造技術を十分に利用して、コア部分は1.98ミリで、全体の機軸の厚さはわずか3.98ミリで、直径はわずか25ミリ6ミリで、研究の結果、その体積は世界最小のドッダの機軸であることがわかった。これは、ユニークなユニバーサルデザインを使用して、歯車とクリップボードを一体化させて体積を減らすことによって、一部の歯車の伝動シーケンスはチタンの金属素材を使って重さを軽減します。