« 上一篇下一篇 »

精工Preetシリーズの腕時計は、日本の優れた機械製表技術に由来する

一世紀余りになって、SEIKOは絶えず発展して、その機械製表の技術を精錬しています。今日に至るまで、すべての貴重な経験は最新の全機械腕時計PAVシリーズに凝集されている。このシリーズは、すでに中国、日本、一部の他の地域で成功したが、今ではSEIKOが主力の機械腕時計シリーズとして、グローバル市場に向けて投入される。

絶えず革新的な伝統

新しいPreetシリーズは、SEIKO機械表の伝統的な工芸からインスピレーションを汲み取り、1913年に人気のSEIKOの下にさかのぼる。この経典は今2つの非常に独特な限定版を通じて自動的に鎖の時計の名前を付けて再生して、外型の設計は1913年のLarel腕時計と似ていて、表盤は日本の伝統的な風格を作って、1項はエナメルの表盤で、1金は芸の表盤である。2つの腕時計には、星柱輪と垂直交鎖装置だけでなく、SEIKO特許「一体式三叉ハンマー」を使って、完璧なゼロ秒を確保した。各腕時計は、SEIKO自動腕時計60周年を記念して1 , 000枚限定で、2016年9月に全世界同時発売となった。

精緻なエナメルの恒久美

エナメルの優美さ、奥行きとテクスチャは細かく、自然は言うまでもない。しかし、その腕時計の独特な形をしているのは、各腕時計の表盤で、エナメル工芸大匠のみすげさん(横沢満)大師をはじめとした芸の熟練した職人が手作りしていて、エナメルの色を数十年も続けることができたのは、1913年のLarrel腕時計の表盤である。エナメルの作りは天気や湿度の影響を受けやすいし、皿ごとにエナメルの厚さの正確性があり、手に入れにくい。難易度の高いチャレンジには、最高の技が必要だ。小澤大師によって、1羽当たりのエナメル表を、横沢大師が担当することができて光栄です。

黒の漆芸の純粋さと深い美しさ

工芸はそれぞれ違うが、同じ高品質で漆芸の表盤には真っ黒な色がある。日本最も主要な島の本州に位置して、西部石川県金沢市の漆芸工房の中のIsューTamura(田村一舟)の大師(田村一舟)の大師は、数世紀の古代の漆芸を採用して、絶徳の黒い濃い漆を作って、時間が経つにつれて、堅固と耐摩耗を加えます。その表板は何度も手にした漆と放光を経ている。大変なことに挑戦した仕事ですが、完璧な黒色の色を作る伝統と最適な方法でもあります。PAVシリーズは、完璧な方だけがマッチできる。