« 上一篇下一篇 »

豪利な時の潜水シリーズSixtyFiv 4 mm腕時計

今年のバーゼル表展で発表された多くの時計の中で、小編集長のベストランキングをしっかり占拠したのは、豪利である潜水シリーズのSixtyFiv 4 mm腕時計(以下、SixtyFi善42)。この表は、見た目では、これまでの赤極のSixtyFial表とは少し同じ特徴がありますが、サイズから見るよりはお金の大きさに比べて、全体のデザインも完全に違っていて、伝統的なスタイルのスタイルを採用しています。グラデーションの青の使いも愛せない。

昨年のモデルと比べて、SixtyFiv 42の表殻、表冠と表輪部分にあまり大きく変更されていないが、表殻サイズが増大していて、濃い青色の表盤と古い針を作る際に落札した鮮明なコントラストが、この表が変わっている、魅力的な爆発表。当初のSixtyFi善表は、ユニークなデザインによって無数の人の目を引きつけたが、今のSixtyFial 42腕時計は、さらにプログラム化された潜水表の配置を使って、夜光コーティングをした際に均一な布地にカバーしている。三点位には、小さなカレンダー窓が設置されていて、白地の黒文字の表示がはっきりしているように見えますが、針と時の落札という色の色を感じさせることがあります。

表鏡の使用は、前のバージョンと同じように、反射技術の処理を防ぐ気泡型のドームの青い宝石のガラスのガラスの時計鏡で、端から見ると、表盤が魅力的な方法で拡大しています。ここにあるのは、表鏡ではなく、完全な水玉のようなものです。彩られた趣がある。

青色の表盤は深い光沢があり、時価と針との組み合わせがとても完璧で、過去数年のうちに青いスタイルの潜水時計(帝舵Pelgos、宝石Bathoscpheなど)を見たことがあるが、このSixtyFial 42腕時計は、それらとは全く違って、深遠である。貧乏。