« 上一篇下一篇 »

SecZen 2016旗艦金Eco- DrenOne -世界最薄光動能腕時計、コアの厚さは1ミリ

西鉄城マゼンは、太陽光を動力とするポインタ式石英の腕時計を世界で初めて発売し、40年も続いた。画期的な技術誕生40周年を記念して、これまでの世界で最も薄い光動能腕時計となっており、機軸の厚さはわずか1ミリ、甲羅の厚さ2.98ミリとなった。

CTZen太陽エネルギーポインタ式石英時計の機軸は、再生可能な自然エネルギーを使用しており、光のある場所では、光が電気エネルギーに変換されて二次性電池の中に蓄えることができる。今日になって、光動能はすでにマゼクチュの中核となる技術を発展させ、「世界中の人たちにも配られる、好きな腕時計」という信念を持って企業の趣旨になる。

「世界で最も薄い光動能腕時計」の目標を実現するため、最高の加工技術を使用して、コアの各部品や構造に対して設計を再設計する。それ以外にも、光動能技術をさらに向上させることもあります。Eco- Dreet Oneは、機軸がより薄くなるだけでなく、エネルギー消費も比較的大きく低下し、満腹電力の状態で10ヶ月の持続可能な運行を行う。