« 上一篇下一篇 »

強迫症のライバル―精工スピリットシリーズGiugiaro Design限定版「騎手カウントダウン」腕時計

精工とジョージ・亜羅は、有名な腕時計ブランドで、1位は自動車デザイン分野の世界的設計者で、どのように見ても関係があるような様子ではありません。しかし、精工が好きな老司機たちは、すでに30年を超えて協力してきたことを知っていた。昨日、新しい精工スピリットシリーズGiugiaro Design限定版「RDer」s Chronogp(騎手カウントダウン)の腕時計が新たな一章を開いており、精鋼のコートを身につけたものは、プラスチックのバンドを装備しており、さらに異なる色のデザインが選択されている。

このようなイタリアと日本の設計面での衝突は、やはり低い価格層のような状況で考えてみると、確かに希少なもののようだが、希少はないが、これまでの精工Giugiaroの「異形レプリー」の腕時計は、強い未来感と、異形II映画の出国を通じて驚異的だたくさんの人。もちろん、新しいRDer s Chronogppの腕時計も同様にデザインされています。「出てきたことを「うまくいかない」というのは、とにかく面白い時計ですが、小編という強迫症の人にとっては、あまり友好的ではないような気がします。

これらの時計の表面はすべて精製鋼の材質で製造して、サイズの大きさは43 mmで、厚さは11 mmで、防水能力は100メートルの深さを達成しました。全部で5種類の違うデザインがあります。その中の4項は黒めっき精製の鋼の表殻で、残りの1枚はメッキタイプです。まだ少し複雑なことがありますが、販売の面では、精工はこの5つの限定表を分けて発売しました。上図中の黒赤と橙のデザインは1500匹限定で、2016年11月11日から発売されますが、他の3種類は2017年1月27日に発売されます。1000匹限定です。