« 上一篇下一篇 »

カシオの新しいスマート腕時計はWear OSを搭載しています。

スマート腕時計ウブロコピーの発展の需要を満たすために、Googleは先日、スマート腕時計システムを正式にWear OSと改名したと発表しました。新しい改名はGoogleが単独でWear OSシステムを分離したいという意味です。面白いのは今月カシオが発表した新型スマート腕時計で、初めてWear OSを搭載しました。今は最初にWear OSを使ったスマート腕時計の一つです。

カシオのこの腕時計は、去年発表されたカシオWSD-F 20より100ドル安い人民元2500元で、カシオのPro Trekシリーズに属しています。

機能上、GPSを内蔵し、オフラインでフルカラーの地図を表示することができます。腕時計のスクリーンのサイズは1.32インチで、解像度は320×300で、しかもデジタルの羅針盤、晴雨計、高度計などのセンサーを内蔵しています。