« 上一篇下一篇 »

外に出て、スマート腕時計のオンラインに聞いてみます。24時間以内の予約量は2万台を超えています。

市場調査会社のCanalysが発表した第1四半期のスマート腕時計の販売比率は、5月24日、国内の知能科学技術会社は、最新のTicWatch Proを発表し、スマート腕時計の旗艦シリーズを聞きに出かけました。その傑出した航続能力と機能のため、全ネットの電気商のプラットフォームで24時間だけオンラインして、予約量はすでに2万台を上回って、十分に市場がこのスマート腕時計に対してそれとも比較的に期待したことを説明します。

市場の多くが航続のために知能を犠牲にしている「ブレスレット型腕時計」と「半スマート腕時計」と違って、出かけてこの二年間に作られた旗艦級のスマート腕時計を聞いてみました。

永続的な航続を実現するための鍵は、TicWatch Proが世界特許を持つ二層ディスプレイ技術を使用して、極めて難しい革新的なデュアルモードの設計により、1.4インチフルカラーのAMOLED画面とモノクロ液晶画面を統合し、ユーザーに「スマートモード」と「持続モード」の二つの使用方法を提供することである。日常の中で使うなら、TicWatch Proの航続は5日間にもなります。純粋な「耐久モード」を開くと、TicWatch Proの航続は30日間以上になります。このような転覆性の高い製品が発表会の初日に登場すると好評を博し、会場からは拍手が相次いでいます。