« 上一篇下一篇 »

「クリストフル」手作業で作られた新作時計、日本初登場

 

【11月25日 MODE PRESS WATCH】仏老舗シルバーウェアブランド「クリストフル(Christofle)」は、世界的デザイナーのマルセル・ワンダース(Marcel Wanders)によって生み出された「ジャルダン・エデン コレクション」から、日本初登場の新作時計を11月末に発売する。

 エデンの園をモチーフとした本コレクションは、カトラリー、キャンドル、クリスタルまで幅広く展開し、同ブランド随一の商品シリーズ。新作「ジャルダン・エデン ラージ グランドファーザーズ クロック」は、完全な手作業により製作された時計で、芸術作品とも言えるデザイン性と迫力。ムーブメント製作は、フランス最高技法の証とされる「Entreprise du Patrimoine Vivant (EPV)」と、フランスの無形文化財企業の両認定を受けた時計メーカーが手掛けた。

 掛時計「ジャルダン・エデン ラージ ウォールクロック」は、同コレクションのチェアの製作も行ったバレイ・ルイギ(arei Luigi)社の技術協力のもとで完成した逸品。内部に電機式機械をはめ、世界各国の時間を調整可能だ。両時計ともマルセル・ワンダースによるサインとシリアルナンバーが印されており、証明書付きでの発売となる。

 デコラティブで詩的なクリエーションで知られるマルセル・ワンダースによる時計は、家族で過ごす時を刻み、思い出に華やぎを添えてくれそう。絵画のように美しいデザインが施された贅沢な逸品をぜひチェックしてみて。