« 上一篇下一篇 »

亨吉利宜昌:夷陵故郡、精細運営

宜昌は、鄂南西南地区の経済の重要な地として、省都武漢に次ぐ経済力を持っています。同時に旅行型都市としての宜昌はハイエンドの消費ブランドに対して天然の魅力を持っています。亨吉利、世界名表センターは2010年に宜昌に入ることを選んで、8年の深耕を通して、全体の宜昌の小売消費のアップグレードを目撃しました。同時に旅行都市の市場運営にも優れた都市事例を作り出しました。

亨吉利宜昌都市のベテラン社員張添によると、製品、サービスの優位性により、亨吉利は宜昌新興商業体の中で成長が速く、強い勢いで上昇し、店内にオメガ、浪琴、艾米龍、豪利時、美度、ティソ、ローマ、北京、飛亜達、宇路など多くのブランドが集まっています。

亨吉利は宜昌の都市で採用した策略は平等互恵の基礎の上で、巨人と協力して、ウィンウィンを実現します。強い連携を除けば、いい成績の裏には「亨吉人」の苦労が絶えない。「実際には、店の成長は、商業体の繁栄を抜きにして、資源配置が豊かかどうか、市場環境が楽観的かどうかが、最も重要なのは精細な運営だ」張添社長は「お店に一定の客足があれば、必ず一定の売上収入を生み出すことができると信じています。店の経営者として、店の生存を考え、どう変えるか、お客様の思った通りに行きたいです。店の管理の大きさを全部負担して、責任感を徹底してこそ、問題を解決します。毎日のように運営しているわけではないですが、いつも違った新しい問題があるので、もっと細かい運営の心が必要です。