« 上一篇下一篇 »

時計業界の観察:時計を使わなければならない職業を細かく数える。

今の生活と仕事の中で、時間を知る方式はますます多くなりました。腕時計を使って時間を見る機会は多くないようです。実は多くの業界の従業員にとって、腕時計は依然として欠かせないものです。今日の「時計業界観察」では、これらの腕時計を使わなければならない職業をみんなで詳しく数えます。

教師。

教師は中国では極めて巨大な集団であり、一定の時間観念を持っていることは教師として必要な基本素質の一つであると認められない。先生は授業に遅れられない以外に、教室でも40分間の授業の進度をよくコントロールする必要があります。この過程で、携帯を頻繁に見るのは不適切です。腕時計は彼らにとって重要な時間ツールです。

お医者さん

時間は生命です。これはスローガンだけではなく、医者にとっては、毎分毎秒が患者の安否に関わることが多いです。正確な時間データを把握することは医者が負傷者を救う重要な条件です。加えて、医師はいつも手袋をしているので、時間を見ても腕時計に頼るべきです。

軍人。

腕時計は軍人にとってもなくてはならないものです。そうでなければどうしてそんなに多くの軍用時計がありますか?これはみんなが知っています。腕時計の品質に対する要求は普通ではありません。軍隊を装備できる腕時計の種類は必ず多くの試練を経て、正確で信頼できるだけではありません。

ガイド

ガイドの日常の仕事の中で、一日のスケジュールを合理的に手配する必要があります。また、観光客との定期的な予約も必要です。いつでも具体的な時間を知る必要があるガイドさんにとって、腕時計を身につけることは仕事の中でとても助かります。