« 上一篇下一篇 »

艾托列・史寇拉、2013年度ベニス国際映画祭积家監督栄誉賞

 今回艾托列・史寇拉受賞、ベニス国際映画祭の主席亜柏特•バーベラ(Alberto Barbera)は「『Marc ' Aurelio』雑誌の皮肉作家の成功の映画人、映画史寇拉最終イタリア偉大な劇作家の一つになる。今年のベニス国際映画祭が現れてきた彼の映画作品「に友人費ッター列高・费里尼(Federico Fellini)の美しい挨拶。彼はまずは脚本家、後は監督は、映画をイタリア輝く明日に向かって世界的な名声に大きく貢献し。特にこれ賞に感謝して、彼は成就を結びの長いキャリアでは私たちのために現れた無数の経典。」
积家グローバル総裁瑞亜徳さんは「2013年に当たるブランド生誕180年だけでなく、积家はの制のビジネス巨擘となり、業界の革新と創造の領人、更にタブ伝統の守護者。映画界と時計のビジネスに開拓・革新と同様に。ずっと以来、积家と第7種類の芸術の繋がり、疑いは2つの世界の共通性――激情あふれる創造性と啓発を心の芸術と大胆に完璧に融合の伝統技術突破。」