« 上一篇下一篇 »

ブレゲ時計新しい陀はずみ車を2018年バーゼル国際時計宝飾展

2018年、ブレゲ経典複雑シリーズ(Grandes Complications Collection)期待に添え力作で、これは今までのシリーズ初の「大明火」エナメル文字盤腕時計。新しい経典複雑シリーズ5367腕時計(Classique Grandes Complications 5367)は陀フライホイール純粋に完璧に演じ、シンプルな文字盤の上に、その矛先を発散させる。全体の表盤のレイアウトは簡素化して、他の要素を簡素化してドッダの装置を浮き彫りにする。2013年に発売したと5377モデル腕時計と違うのは、この時計パワーリザーブ表示機能も搭載していない。強調フェイス要素のために突き目の妙を、ブレゲは手作り面取り修飾の陀フライホイール表の橋の上で美しい宝石をちりばめ。また、藍鋼ブレゲ指針と真っ白なエナメル文字盤とは対照的な時計・分針の位置は更にはっきりして読み。じゅういち時位置のブレゲ数字目盛リングとご時位置の陀はずみ車の両方が相対的に。この配置の巧みな現れまことに思い出し阿伯拉ハンコック-ルイ・ブレゲ(A.-L.Breguet)タブ領域の創造の精神、彼は当時主流タイマー審美理念の革新。

は外観にとって、この薄型自動的に陀はずみ車の腕時計のように無難しかしそのムーブメントは見て吃驚聞いて吃驚に精妙绝伦。板挟み、ケース、自動陀はすべて手で彫刻して、自動陀はプラチナの材質を採用して、それをより大きい慣性を持っています。自動陀ムーブメント外郭スイングをめぐって、これによって、ムーブメントの構造が一望でき、同時にムーブメントの薄型で確保しました。経典の復雑なシリーズ薄型自動的に陀はずみ車5367腕時計(ザClassique Tourbillon Extra-Plat Automatique 5367)の厚さ7.45ミリ、厚ささんミリムーブメント。同モデル腕時計Cal.581ムーブメントを搭載し、発振週波数よんしよヘルツを搭載し、はちじゅう時間パワーリザーブ。このような優れた表現は、特許の「高エネルギー」の発条箱によって提供され、発条輪数を増やして動力備蓄を延長する。

経典の復雑なシリーズ薄型自動的に陀はずみ車5367腕時計、「大明火」エナメル表項、共有バラの金やプラチナの2種類のデザインから選択でき、それぞれ組み合わせ赤褐色と靑のワニ皮バンドで、いずれもめっきロジウムムーブメントを搭載。