« 上一篇下一篇 »

わからないで、どうしてこんなにオフィチーネ・パネライ火?

花は百日も赤いが、人に千日もない。これが今の芸能界の1種の真実な描写、圏内の「花」「小生肉」ていくつかまたいくつかの、別人みたいにもすぐに、たぶんただあれらの人の特徴を持って、またはは颜正の人材を殘して。芸能界は輪で、指標圏も輪であり、ブランド更新の速度は娯楽圏ではないが、ブランドの特色があるといえる。

タブといえば圏での特色を持つのは実はブランドは少なくないが、一部のブランドたとえばリチャード・ミラーなど、大衆の個性的なブランドは、普通に届かない場合は普通の人に接することができたが、同時に非常にブランドの特色は、短い期間内中華大地の上でヒット、そして表壇ぶりをもたげて色のかねない非オフィチーネ・パネライしかありません。

オフィチーネ・パネライを見ての第一印象は、どうぞ許して直言は:この表はどうしてこんな愚かで、肝心な点は不測にも人気の、ついでに軽蔑した好きなオフィチーネ・パネライ誰か。その後、本人は非情に顔を打たれて、鍵は自分で打ったのですが、これはなぜですか。それはオフィチーネ・パネライは長い時間の付き合いのブランド、時間が長くなると、あなたはそれを見つけ「バカ」のうわべの下で、「萌え」は1粒の心。