« 上一篇下一篇 »

学問の道はラングタブ学校の卒業生は証明書を取得する

 七名ラングを正式に学生の卒業証書、時計職人、豊かな展開の職業生涯。各卒業生は現在この家ザクセンタブ工場の違う部門の仕事をし、独特の非凡な機械式時計、中から勉強をもっと新しいもの。
その無比根気良くて、费尔迪南多・アドルフ・ラング(Aに由来するそうだ。Lange)は1845年生まれドレスデンから移住ゲーラ苏蒂町。ラングはここで研修したじゅうご若い学生、職人達を前に、彼らは、いくつかの旧称鉱場の労働者、そして数名のわら編み労働者。彼は盼望をみんなで正式に学徒訓練完成後も仕事を我慢、ちょうど彼1852年いち月への手紙ザクセン内政部が強調:「毎日勉強する必要な事はいつもあげて数うべからず。」