« 上一篇下一篇 »

男性に時計を放棄させることは、女性にバッグを投げさせるようなものです

2018年、ほとんどの人は満腹のときに物事に集中し始めました。誰もが多かれ少なかれ自分の趣味を持っています。一部の男性はテクノロジーに支配されています。ハイテクなものを見ると動きません。ゲームをするのが好きな人もいます。車が好きでお金を節約して4Sショップから車を出す人もいます。

時計を生きたまま見る人もいますが、時計、ムーブメント付きのいじくり、限定版、記念モデル、アンティーク時計、彫刻時計、スケルトン時計、ダイビング時計などを勉強するのが好きです...節約ランプ。

お金のことになると、家族の王は別れます。私の妻は不幸かもしれません。

「葬儀で遊ぶ」「家に関係なく」という雪片のような様々な非難がこれらの大きな男の子に降りかかった。しかし、時計が好きなら、あなたはあなたの命を失い、あなたの家を失うでしょう。
 
それについて考えてください、あなたはいくつの異なる色合いの口紅を受け入れたいですか?おばさん、ミルクティー、錆、赤レンガ、アースオレンジ、あんこ、スイカレッドは数え切れないほどあります。掃除するバッグはいくつですか?バケツバッグ、購入!キラーバッグ、購入! LVクラシック印刷、あなたは1つを取得する必要があります。美しいハイヒールは何足必要ですか?さいの目に切った大根、ジミーチュウ、これらはすべて私のために包まれています。