« 上一篇下一篇 »

礼讃時代に先駆けて精神を先鋒

 モンブランブランド大使リンダンさんより、活動現場を正式に発表するRioオリンピックは引退後、実際で行動する「怖くない次の”の信念。モンブランもブランド大使と一緒に、手を携えて宣言「110年業績が終わりではなく、モンブラン決して恐れ次の挑戦」。
自己を超え、次の場には恐れる
モンブラン中国区ブランド大使リンダン、不満じゅうく歳すなわち登った国際羽联位の位置。2008年北京オリンピックで優勝し、2012年ロンドンオリンピック男子シングルスプロジェクトのチャンピオン、バドミントンの運動の歴史の上で第1位、世界選手権チャンピオン集オリンピックチャンピオン、世界杯優勝、アジア大会のチャンピオン、アジア選手権優勝、全英選手権や基羽联スーパーシリーズ世界選手権チャンピオンの全身の全満貫選手。リンダンその球风凶暴され、性格が鮮明で、広大なファンは「スーパー丹」を公認され、同時代の最強のバドミントン選手、甚だしきに至ってはバドミントンの歴史上最も偉大な選手。
たとえ収穫無数の花と拍手が、リンダンにとってて、バドミントン競技この道を模索し、でも、試合開始を楽しめ、漸く佳境に入る羽坛王者になるまで、歩いてきたのは楽じゃない。紛争、痛み、穀、四六時中困っているのに、あきらめないで、ただ心の中のバドミントンの運動の熱愛と最高目標の怠らなく求める。「世界チャンピオン」の称号で試合を得るが、「バドミントンの歴史上最も偉大な選手」の称号が必要では一度また1試合全力で、難関をくぐり抜ける、本気で好きの対決が勝つための。リンダンでの心の中で、たとえ優勝を手にしたも、ただこの度の輝きが、ただ命の流れに、彼は永遠に期待して次の試合に光り輝いて下さいよ。