« 上一篇下一篇 »

アテネClassico鎏金エナメルシリーズ腕時計コメント

アテネのエナメル工芸は評価されているし、テーマの多さは想像がつかない。この四項アテネClassico鎏金エナメルシリーズの腕時計は古いヨットをテーマに、それぞれの運用は4隻が違い、も魅力としての帆船盤面であの時代の文化伝承の役割。毎項の腕時計を殊勝なの掐丝エナメルプロセスを通じて、数の工程によって、大量にしてひとつの文字盤。まさに苦心が並大抵でない。エナメルのために作るのが難しいので、すべての時計の生産量は非常に限られています。だから、それぞれ時計ごとに話を聞いてみよう。

コメント:このアテネClassico鎏金エナメルシリーズ8156-111-2 / AV時計が500ミリを超える採用長い金糸作って輪郭の色の塊をスケッチごじゅう時間がかかる、工数、26の工程がこの枚は繊細な新鮮なエナメル盤面に現れる。盤面上の「亜美瑞格・韦斯普奇号」のように生き生きとして本物船、文字盤に鮮やかな色彩と三次元の効果を腕時計に1部の真実の質感を。この船は26帆を張る、船体を塗って白黒ストライプ、独特な設計する風格、陶酔。

コメント:第2項の「HMS Caesar」は一隻シーザー大帝の名前で命名の戦艦、活躍じゅうく世紀初頭。アテネClassico鎏金エナメルシリーズ8152-111-2 / CAESAR腕時計に敬意を表するためにこの戦艦過去の輝かしい事跡、特にエナメル彩色上絵の技術で製造して、繊細で美しかっの色、試される制作文字盤の彩色上絵師。同様に、この表を超える長い運用500ミリメートルの金線をスケッチして輪郭を作って細い線は違う色の塊金属、明確な区分を開く。プロセス全体を50時間、26工程を経て、文字盤が完成できます。