« 上一篇下一篇 »

モンブランのカウントダウンで「入室」作—時行者100クロノメーター

多くの人にクロノメーター、甚だしきに至っては非クロノメーター買わない収蔵级プレイヤー。これは「入世が深い」という腕時計のファンにはわからないが、同じ機能の時計はどうして1本買ったのか。もっと彼らはあるか、カウントダウン三两万カウントダウンがある限り、百万。彼らは知らないで、1項の万年暦機能時計であれ、指針やウィンドウの表示、その機械構造の原理は大体同じで、彼らは知らないで、1項のよくある浮動陀フライホイール、どのブランド、その陀のはずみ車の構造部品数はほぼ同じ;もっと知らない、1項のクロノメーター、その機能を通じて違う機械構造を実現し、その性能を別のタブ技術向上。カウントダウンも腕時計の多い機能の中で、ただ一つの入門が容易ではない。

タイマー機能をやり遂げて「入室」の境界のブランドは多くなくて、モンブランはその一つとして、「時間行者ひゃくクロノメーター(Montblanc TimeWalker Chronographひゃく)”は更に固めたモンブランブランドではカウントダウン分野のリーディングポジション。モンブラン時間行者ひゃくクロノコード表現まで多くクロノ腕時計の及ばないタイミング精度:いち/ひゃく秒。一方、モンブラン時間行者ひゃくクロノメーターが実現したダブルバネ及び双摆轮の「デュアルコア」技術。ムーブメントの複雑さには感心させられる。

いち/ひゃく秒は極めて正確な度量が、私たちはいつもレーシング類のスポーツ・イベントの中で見る、例えばF 1、ショート水泳や100メートル競走などのスポーツプロジェクト。この項目の機能、試合に従って一緒に記録あるいは普段自分のレーシング運動をより正確に記録した。についていち/ひゃく秒クロノグラフ、モンブランだけではないが、カウントダウン読み取りの面では表現のきわめて読み、私は最も身も蓋もないを見て、甚だしきに至ってはあれらのも接触精細カウントダウンも一目瞭然。モンブランひゃくクロノメーター時の行者の文字盤外週は目立つひゃく秒細分目盛、他のいち/ひゃくクロノメーターは二緒。しかし6時のカウントダウン秒と針によって構成された小さい文字盤には、何度か目を通して記録されている。