« 上一篇下一篇 »

カルティエ現代芸術基金会展:新しいコンゴの美(1926-2015)Congo Kitoko

芸の先駆者

1920年代半ば、コンゴまだ脱ベルギー植民地の時、芸の先駆Albert Lubaki、Antoinette LubakiとDjiatendoなどを紙に絵画作品は、現代から現代芸術風潮が幕を開ける。彼らの作品や、または具象抽象的に描いたコンゴ田舎の生活、自然風土や詩情あふれると想像の夢のようなシーン。

第二次世界大戦後、フランス画家Pierre Romain-Desfoss E s転居コンゴを作成Atelier du Hangarアートスタジオ。1954年までDesfoss E s逝去まで、Belaサラリー、MwenzeKibwangaとPiliPiliMulongoyなど多くの画家がこのオフィスを発揮できる自由な創作、アイデア、多くの色彩絢爛の素晴らしい絵の誕生、唯一無二の多元化の芸術スタイルをみせて。

大衆画家

二十年後に、「芸術ユビキタス」(アートPartout)展示会は、1978年にキンシャサで開催され、芸術家などCh E ri Samba、Ch E riCh Eりん、Mokeなど嶄然として頭角を現す、多くが今も堅持して創作。これらの芸術家を嘆いて都市生活環境や集団記憶、自称「大衆の画家」(Popular Painters)。彼らは日常生活や政治社会事件をインスピレーションを出て独特な具象絵画手法、一般民衆が一目瞭然。芸術家Mfumu」etoテ・パパ」はそのきゅうじゅう年代キンシャサ創作の大量の独立の漫画作品として知られ、彼の作品も日常生活の苦労が苦しい展開。今、若い世代のアーティストのようJ.-P .まさみからとMonsengo Shulaなど絵画理念継承先輩、グローバルな視野で注目の時事、これとして、その創作の出所。