« 上一篇下一篇 »

パテックフィリップ上海英才センター第二期正式に開く

 2005年、パテックフィリップは正式に中国市場に進出して、相前後しては上海と北京の2つの専売店を開設し、それぞれに2012年と2014年のアップグレードをフィリップ源邸。九年、その発展とサービスの質を向上させ、前後して上海と北京の各施設の1家の顧客サービスセンター、中国市場の顧客サービスのレベルを改善し。
2013年、厳密募集、四男の学生、四名の女子学生は最終的に英才育成計画。課程は2年、4つの段階に分けて、4つの段階。生徒は、全3、500時間の課程、製表の理論、操作の実と英語を含む。完成後は獲得して相当フィリップ時計職人の資質二級、直接顧客サービスセンターの仕事、メンテナンス搭載の基礎、自動機械ムーブメントクォーツムーブメントとの腕時計。現在、第1期8名の学生はすでに第1学年の2つの段階の勉強を完成した。学習内容は理論、微機械操作及び英語。学生の必要から金属材料を利用してから、設備や道具を経て、多重工程を作り、独立に図面のツールや部品、要求だけで0 . 05ミリ以内の誤差。