« 上一篇下一篇 »

HUBLOT宇汽船表復帰不安なら凱シラー機械装置

 を表すために今回の活動への支援としてこのイベントの記念に、宇都宮汽船表研究開発部ディレクターマティアス・布特(Mathias Buttet)も出席潜水活動として、みんながもっぱら極限潜水のために設計した腕時計――深海潜水かNULLNULL EXO4000メートル潜水道のメーター(Oceanographic EXO4000)、これに参加して今回非凡探検の科学者に敬意を表する。
不安で凱シラー機械装置は人類の文明の史の上で最も神秘的な設備。今日では、不安で凱シラー機械装置は科学界は広いマイナスの高い名声は、科学者たちは詳細を研究する構造。しかし1901年に初めて発見した時、その巨大な歴史と技術価値はずっとない謎、課題探求。古ギリシャローマ時期の創造の「機械」という概念もない当時の専門家の範疇に考え。その後、いくつかの非科学界の人事と不安で愚かに凱シラー機械装置が日搅浑外来物、海水はその唯一の機能。
今日は、ギリシャ不安で凯希ラ島近海水域での瀋沒、つまり発見の人類の歴史上最も古い「天文学の電卓」のところ、第二次水中考古探検の究極の目的地。