« 上一篇下一篇 »

シチズン プロマスター誕生30周年記念限定パイロットウオッチ登場

1989年、世界初の高度・気圧計つきの腕時計として誕生したシチズンのプロマスター。「スポルテ アルティメーター」と名づけられたその時計は、海抜マイナス300m~プラス5000mまでの高度を10m単位で5分連続表示可能。任意の七箇所の高度、到達時刻を保存可能で、マイナス20度でも作動する耐低温性を備えた本格冒険時計であった。

そのプロマスター誕生30周年を記念し、限定パイロットウオッチが発売される。航空機のコックピットやヘッドアップディスプレイを想起させる5層構造のフェイスには、「ワールドタイム(39タイムゾーン)」、「デュアルタイム」、「アラーム」、「パーペチュアルカレンダー」、発電量を示す「ライトレベル・インディケーター」、「クロノグラフ」を装備。光発電エコ・ドライブGPS衛星電波時計の最上位ムーブメントCal.F990を搭載し、時刻情報だけならばGPS衛星電波の受信は、なんと最短で「3秒」と世界最速レベル。従来モデルに比べ時刻修正時の運針スピードも倍速に高速化されている。ホームとローカルの時刻を1ステップで入れ替え可能な「ダイレクトチェンジ機能」は海外出張の際など非常に重宝する。航空計算尺だけでなく、ビジュアルシグナルコードも備えた本格パイロットウオッチ仕様。ケース、ブレスレットにはシチズンのお家芸、スーパーチタニウムを使用。シチズンの表面硬化技術デュラテクトMRK+DLCで擦り傷だけでなく、打ち傷にもつよいタフネス仕様に仕上がっている。また、同時に通常仕様のモデルも発売される(表面硬化の種類が異なる)。