« 上一篇下一篇 »

任時光にいつも行って、私は依然としてあなたを伴ってぐらい――名門旧家優雅シリーズ男女ペアの時計

「世界最速、最も遅い、最も最長まだ短いが、平凡で最も貴重な、最も容易な軽視で一番印象に後悔する時間。」時間は世界のすべての業績の土壌、時間に空想者の苦痛、クリエーター幸せに、恋人に温情と相思。二人の出会いは時間の礼遇、一緒の時間は短い感じが過ぎ去りやすいので、恋人同士の間にも希望は有限な時間の中で多くの喜びを分かち合うことができる。時計の時間の流れとしてキャリア、毎分毎秒はすべて愛の証し、同時に、も1種の未来への憧れと1部の承諾。

腕の間に光陰愛情と出会い、必ずロマンチックで多情、いつか心の奥に触れた恋人の間の最も柔軟なところ。ない不老の顔とんじゃな時間が、なんだか気持ちが老いて荒れ果てない時は、古い、任時光にいつも行って、私は依然としてあなたを伴ってぐらい。時間の流れははずな、愛情は根強く、執子の手と子老いた瞬間から、腕の間に歩く指針接続二粒のドキドキ、記録愛の点滴。表の出現は、すべての愛情が深く、魅力的で絢爛。金持ち名門表、美しさと精密の完璧な結合、時間を正確に優雅だ愛情。