« 上一篇下一篇 »

新世代ブルー歯スマート腕時計EQB - 55

カシオ傘下の男性表ブランドのマーディ・エス氏は、4月24日に「EQB - 500 / ECB - 500」という青歯金属の指針を順次発表し、両地を同時に読み取ることができるはっきりした表盤設計を採用し、スマートフォンAPPと簡単に300都市の世界時間を結ぶ。明確な2地の時の設計と便利な世界の時の操作機能は、既存の性能を大幅に向上させ、I京大Eブルーのスマートフォンの製品ラインを拡充した。

カシオは昨年、地球上の「Global Time Secc」として開発理念に同期し、GPSと黒歯の知能時計を発売した。スマートフォンに接続されたEQB - 500は、世界各地で簡単な学校で使える時計として広く評価されている。

今回新たに発売された2代目ブルーキテクチャのEQB - 105と、同シリーズの双顕金(指針+液晶表示)ECB - 500は、「Global Time Secc」の製品ラインを拡大し、いずれもスマートフォンを通じて約300都市の世界時間を設定できるEQB - 500をブルーに、よく出張するビジネスマンのために使用しています。時間と世界の時間。腕時計は主の針を通して現地時間を表示して、小皿は世界の時間を表示して、着用者は時計のボタンで操作して、簡単に2つの表示時間を切り換えることができます。

EQB - 500は、同様に腕時計のBluetoothボタンを通じてスマートフォンに接続することができ、夏の時を含む現地時間を自動的に修正することができる。世界的にも、APPの世界地図や都市リストを選択し、簡単な設定を行うことができる。また、独特の表盤デザインは、世界時間と現地時間をいつでも一緒に読み取れるようにして、二つの時間の表示を一目瞭然にするようにしています。

カシオならではの太陽光駆動機能を搭載しており、太陽光だけでなく、微かな蛍光灯の源でも電気に転化し、大容量蓄電池に蓄積し、様々な機能の安定運行を保証する。電池が電気に満ちている後、光源に触れなくても、8ヶ月未満の航続能力を維持して、常に時間を超えているあなたは、どこにいても心配する必要はありません。